2015年05月18日

ひと手間かけても

posted by JIEL STAFF at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 杉山 郁子
ここのところJIELスタッフのブログには、食べ物に関係する内容が続いている。
4月1日に一般社団法人となって初めての私のブログは、それに合わせて食べ物の話を書くことにする。

10日ほど前に夫と熊野と高野山に旅行した。今年は高野山が開創1200年ということで御開帳があり、一度は行ってみたいと思っていたので足を運ぶことにしたのです。

旅行はありがたい仏像などに接し、綺麗な景色も堪能できてなかなか良いものでした。今回はバス旅行だったので、移動の途中で何度かSAやドライブイン、道の駅などに立ち寄りました。高野山を後にして最初に立ち寄った紀ノ川のほとりの道の駅では、よくあることですが、地元の農産物の直売をやっていました。なかなか新鮮な野菜や果物、惣菜などが並んでいたのですが、その中で最も目についたのが筍。朝掘りの手ごろな大きさのものが6本。糠も付いている。でも重い。半月ほど前から旬の筍を食べたいと思いつつ、大きな鍋を出して自分で茹でて、糠の茹で汁や大量の皮などのごみを処理するのが嫌で我慢をしていたこともあり、しばしずっしりとした魅力的な筍を手に思案していた。そこに夫の「鞄に入るなら持ってあげるよ」という声が…。「うーん。」確かに私が躊躇している理由の一つはクリアできる。「父さんが茹でてくれる?」という声を飲み込んで、「美味しそうだよね。」

結局、筍の誘惑に負けて買って帰り、帰るやいなや鍋を出し筍を処理して茹で、翌朝には仕事前に皮をむき水につけて冷蔵庫に保存した。友人二人にもおすそ分けした。筍は期待を裏切らず、とても美味しく春を運んでくれた。友人からも「美味しかった」の声をいただき満足感も。息子たちが独立して夫と二人になってから、料理に手をかけること(もともと大したことはないが)を殆どしなくなっていた私に、ひと手間かけることがもたらしてくれる喜びを思い出させてくれることとなった。

時には旬の食材を美味しくいただく時間を大切にして、細やかな幸せを味わっていこう。

2015年04月29日

栄養はあるけれど・・・

posted by JIEL STAFF at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 間宮 基文
知り合いの中で、納豆について話が出ました。納豆って、とても身体にいいことは分かっているのですが、私は苦手です。
30代前半までは、食べたことがありません。研修の仕事で講師のかばん持ちをしていた時、講師と共に参加者と昼食をしたのですが、当然のごとく納豆が出ました。その研修は、納豆の製造をしている会社の営業担当者が対象でした。立場上、食べるべきだったのでしょが、頑なに拒みました。それくらいダメだったんですね、当時は。それがTグループに参加した後くらいに、食べてもいいというか、食べず嫌いはまずいと思い、チャレンジしてみました(Tグループの効果、影響かも?)。食べ方は、色々と模索しました。天ぷら、すし巻き、汁、タタキ等々、でも結局“苦手”。まぁ、チャレンジして食べた自分にOKをつけて、納得させた(合理化)というか、区切りをつけました。
栄養があるので、何とか食べられるようになることを想いつつ、再チャレンジはいつになるかなぁ!

2015年04月23日

新聞の連載

posted by JIEL STAFF at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鈴木 由子
 私は、今、毎日心待ちにして読む新聞記事があります。
 それは、知っている人も多いと思いますが、中日新聞に掲載されている未来工業の創業者である「山田昭男さん」の連載記事です。まだ、始まったばかりなので子供自体のエピソードやら若い時に夢中になった劇団のことが記事になっています。4/22の記事には、大垣で劇団「未来座」を創設し、二度目の定期公演のパンフレットに「未来座宣言」と題した一文が掲載されていました。
「始め私達は特定のリーダーを必要とした。が、現在は座員のすべてがリーダーの自覚を持っている。座は全員の自由な発言にのって運営されていく」(原文ママ)
新聞はさらにこう続くのです。「基礎固めという貴重な一行程を終えた今、私達は更に大きな成長を夢みている」(同)
 その当時、劇団の舞台監督(ブカタン)であり公演の座長である山田昭男さんがすべてを決めるのではなく、皆で一つの舞台をつくることを大切にされていました。その考えは、やがて理想の組織像として「未来工業」の創設への繋がっていくのではないかと思います。
 未来工業という「ホワイト企業」をどのようにして創ったのかについて、この先がすごく楽しみにしています。
 中日新聞 「未来な会社のつくり方 K ブカタン 4」より 

2015年04月19日

ひと手間かけても

posted by JIEL STAFF at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 杉山 郁子
ここのところJIELスタッフのブログには、食べ物に関係する内容が続いている。
4月1日に一般社団法人となって初めての私のブログは、それに合わせて食べ物の話を書くことにする。

10日ほど前に夫と熊野と高野山に旅行した。今年は高野山が開創1200年ということで御開帳があり、一度は行ってみたいと思っていたので足を運ぶことにしたのです。

旅行はありがたい仏像などに接し、綺麗な景色も堪能できてなかなか良いものでした。今回はバス旅行だったので、移動の途中で何度かSAやドライブイン、道の駅などに立ち寄りました。高野山を後にして最初に立ち寄った紀ノ川のほとりの道の駅では、よくあることですが、地元の農産物の直売をやっていました。なかなか新鮮な野菜や果物、惣菜などが並んでいたのですが、その中で最も目についたのが筍。朝掘りの手ごろな大きさのものが6本。糠も付いている。でも重い。半月ほど前から旬の筍を食べたいと思いつつ、大きな鍋を出して自分で茹でて、糠の茹で汁や大量の皮などのごみを処理するのが嫌で我慢をしていたこともあり、しばしずっしりとした魅力的な筍を手に思案していた。そこに夫の「鞄に入るなら持ってあげるよ」という声が…。「うーん。」確かに私が躊躇している理由の一つはクリアできる。「父さんが茹でてくれる?」という声を飲み込んで、「美味しそうだよね。」

結局、筍の誘惑に負けて買って帰り、帰るやいなや鍋を出し筍を処理して茹で、翌朝には仕事前に皮をむき水につけて冷蔵庫に保存した。友人二人にもおすそ分けした。筍は期待を裏切らず、とても美味しく春を運んでくれた。友人からも「美味しかった」の声をいただき満足感も。息子たちが独立して夫と二人になってから、料理に手をかけること(もともと大したことはないが)を殆どしなくなっていた私に、ひと手間かけることがもたらしてくれる喜びを思い出させてくれることとなった。

時には旬の食材を美味しくいただく時間を大切にして、細やかな幸せを味わっていこう。

2015年04月14日

今度こそは

posted by JIEL STAFF at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岡田 衣津子

2月の中旬からダイエットを開始しました。そんな内容をこのブログに書くのはいったい何度目でしょうか…。糖質制限や加圧トレーニングなど、ちょっとやっては断念することを繰り返しました。まったくお恥ずかしいことです。ある知人とダイエットの話をしていたとき、私が「やせられたとしてもそれを維持できるかが不安」と話したとき、「そういうことはやせてから心配しなよ」と言われました。かなりきつい言葉でしたが、まったく正論でした。正論過ぎて何も言えず、やってやろうじゃん!と本気モードにさせてくれました。

ダイエット方法はシンプルに「食べないこと」です。11食はしっかり食べますが、あとの2食はプロテインドリンクと栄養補助のサプリメントをいただいています。始めた当初はかなりつらかったです。今もおなかがキュルキュルなっていて、常におなかがすいている感じがあります。そういう感覚もだんだん慣れてきました。そして結果は2カ月で8キロ減。私にしてみれば快挙です。11食はかなり吟味して選びます。何も考えずに食べたいものを食べていたときは、何を食べてもそんなに満足しませんでした。食べても食べてもまだ食べたいような衝動がありました。ストレスを発散するために食べることに依存していたような気持ちすらします。

やせて健康になることが目的でしたが、おいしく食べることの大切さを知ることや女性らしいおしゃれを楽しむことなど、思わぬ素敵なおまけをいただいています。今度こそはやりますよ、私。